仙台市民球団企業組合

<「CBS少年野球大会」概要>

①青少年の健全育成
・自立を促す環境作り :自分達で考える、取り組む空間/社会貢献活動(ボランティア精神を育む)
 /合宿体験(協調性を育む)
・視野を広める環境作り :「他チーム交流」「地域交流」「他県交流」「国際交流」
・大会を通じて「野球クリニック(怪我予防、基礎身体作り・能力向上・潜在能力を引き出すサポート等)」
 の開催
・「指導者」「保護者」向けに「子供達が成長して行くため」のメッセージを「送る場」
②野球の底辺拡大
・年代別大会の開催 :①小学3年生以下大会(CBSマシンピッチ大会)
           ②小学3~4年生大会(CBSジュニア大会:塁間を狭めたルール) 
           ③小学5年生以下大会(CBS少年野球新人大会:県予選/ブロック大会/全国大会)
           ④小学6年生大会(選抜大会/国際交流試合:県予選/ブロック大会/全国大会)
            *①②は、体力に合わせたルールにより「野球」の楽しさを知ってもらう
            *③は、新チームで頂上を目指す  *④は、個人のスキルUPと思い出作りを
             目的とする
           ⑤既存「招待試合大会」の協賛、協力による「大会自体の意義付け」と
           「運営協力機関」の発掘
・年代別チーム編成へ移行:上記①②③④の大会を通じて、近隣チームと年代別チームの結成や同学年の個人
             を集い即席チームの編成等を促す事で、年代毎の目的を重視し、常に
             1年~6年全員で数合わせする既存チームの在り方を見直す
・運営協力機関を増やす:地域「野球団体(学童、少年、学生、一般、還暦等)」と協力体制を構築し、
              双方の発展的な活動に繋げる(各種大会の告知、大会運営協力、共催による
              協賛スポンサーの発掘 等)
・「世代間」を越えた協力体制を築く事で、地域全体で「子供達」の育成(人間形成)に携わり、
  大人としての役割を果たす
・審判、スタッフの育成 :・大会中、選手のお父さん達を中心に「2人制審判」を体験させ、
             CBSスタッフ化を目指す
             ・お子さんの大会に帯同するお父さん達に、その大会の審判・
              運営を任せる事で、大会を拡げて行く
③町おこし
・大会開催による「スポーツツーリズム」 : 集客・宿泊・観光、地場産品の宣伝
                    : 地域交流、他県交流、国際交流を通じた「文化交流」
・「町おこし」「青少年育成」を目的とした、開催市区町村の「後援、協力」を頂く
・大会会場の「ブース」展開 :「オリジナル記念グッズ」「地場産品」「食育、健康促進」「野球クリニック」等
・企業のPR活動:大会を通じた「社会貢献」活動の一環 /参加者(選手、指導者、家族等背景市場)
 向けの宣伝、販売促進

(CBS少年軟式野球大会 開催趣旨)

小学生の野球チームに所属する子供達やその保護者の方からよく耳にする事がある。「野球をチーム活動(練習)以外はしない。できない。」という事。 その言葉をもって「試合」を見ると、監督のサイン・指示通りに動こうとする子供達の姿に、チームとして当然の事と分かってはいるが、何か虚しさを感じる。 「この子たちは、自分の意志で何処まで野球を楽しんでいるのか?」「この時期に勝つ事の喜びが最優先で良いのか?」……。 昔の話で恐縮ですが、我々が子供の頃は「近所の子供達で即席のチームを作り」「対戦チームを探し」「試合日を決めて」「それに向けて練習をした」ことが日常。 試合は「オーダー表」「サイン」「選手交代」等、全て子供達で行い(試合中に口論になる事も(笑))、そして勝敗に一喜一憂し、次の試合を楽しみにしていた。 子供達でやる「遊びの野球」なので、間違いも多く、今の子供達の様に上手にならなかったが、「野球」を真剣に楽しみ、チームメイトと真剣に向き合い、 その場で起きた事を自分達で解決しようとする姿勢は、今思えば「人として」成長して行くための「何か」を育んでいたように思える。 昔と今では、子供達を取り巻く環境が大きく変わっているのは事実。 その中で、子供たちが真に「野球を楽しめる」空間を一つでも多く創出する事を目指し、大会を開催します!!


(CBS少年軟式野球大会の目指す姿)

①試合進行
〇ベンチ入りは登録選手のみ(選手の中から「監督」「コーチ」登録をする)
〇スターティングメンバーの決定、試合中の選手交代、サイン・指示等試合の采配は、登録選手内で行う
〇試合中のファウルボールは、両チームで協力して拾う(ボールボーイ含む)
〇試合後のグランド整備は、両チームで行う(マウンド、バッターボックス、ライン引きは、主催者側で行う)
〇チーム代表者は成人とし、大会諸連絡の窓口、会場引率、後方支援等チームのお世話役を担う
〇スコアーブック等記録記入の希望チームは、本部席の空間を使用する 等
②大会期間
◎ボランティア精神を育む事を目的とした、大会主催者が用意する「社会貢献活動」に参加する
◎大会開催地を学ぶ(社会見学、地場産品に触れる等)
◎「野球クリニック(怪我予防、基礎身体作り・能力向上・潜在能力を引き出すサポート等)」の開催
◎寝食を共にした共同生活を体験し、協調性等を育む 等

(大会開催のねらい)

大会開催のねらい

CBS少年軟式野球「6年生選抜大会」

「大会申込み」「大会結果」は ⇒こちら

CBS少年軟式野球「学童新人大会」

「大会申込み」「大会結果」は ⇒こちら

CBS少年軟式野球「ジュニア大会」

(小学3~4年生大会)

「大会申込み」「大会結果」は ⇒こちら

CBS少年軟式野球「マシンピッチ大会」

(小学3年生以下大会)

「大会申込み」「大会結果」は ⇒こちら

各種「野球クリニック」「野球教室」「保護者・指導者講習会」「トレーニング講習会」等
ご要望がございましたら下記までご連絡をお願い致します。

TEL:022-274-5089  / e-mail:tba@cbs-bbs.or.jp


仙台市民球団企業組合

住所: 〒981-8003 仙台市泉区南光台4-23-32
TEL(022)274-5089  FAX(022)274-5090
E-mail tba@cbs-bbs.or.jp